不動産を取得する目的は様々です。


一般的な消費者が不動産を取得する目的としては、住居としての利用が最も多いと言えるでしょう。
ほかにも趣味のために土地を取得する人もいますし、仕事のために取得する人もいます。会社が事業を行うために取得することもあります。何らかの利用用途があって取得するわけですが、直鉄的に利用するのではなくて、ほかに貸すことによって利益を得る目的で取得する場合、その物件を収益物件と呼びます。

土地活用で高齢者住宅情報が手に入ります。

個人で取得する収益物件としては土地や駐車場などもありますが、その中でも人気のあるのがアパートやマンションなどの賃貸住宅です。賃貸住宅を取得することによって、賃料収入を得ることが出来ます。

オフィスビルなどを所有するのも良い方法ですが、税制面では住居系の賃貸物件の方が優れているために、ニーズは高いです。

また、土地を所有している人が建築をする場合には、建築コストの面でアパートが優れているために、アパートもニーズが高いと言えるでしょう。



収益物件と言ったときに、収益が発生すればどのようなものでも収益物件として認められますから、例えば分譲物件を賃貸として提供する場合も含まれます。

分譲マンションは所有者が住むための購入することが多いのですが、それを賃貸マンションとして貸し出すことも多くなってきています。

ですから、一般的な分譲マンションを、居住用ではなくて収益用のものとして購入する人も少なくはありません。



Copyright (C) 2015 収益物件とは収益の発生する物件 All Rights Reserved.